二日酔い女の慶應義塾大学通信教育課程

AOLブログサービス終了のため、慶應通信部分のみここに移しました。すでに更新は停止していたため、卒業した2005年9月末以降の新しい情報はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏のスクーリング♪その3

★民事訴訟法 担当 M

試験は科目試験のようなかんじで、六法持込。講義は出席とりません。
K教授と年々交替でやっているようですが、同じところをやってても角度が違うので、面白い。
講義中に、何度も、ある漢字を書き間違えないように・・とおっしゃっていたところが、出題されたような記憶があります。


★民法 担当S、H

S教授は、前に座りっぱなしで穏やかな口調で淡々と語られるので、
油断すると、すぐ睡魔が襲ってしまいました。
しかし、内容に全く無駄が無い!すばらしい!ま・る・で 放送大学の放送を聴いているような錯覚に陥ります。
復習はテープのみでいいのでは・・と思ったぐらいです。
S教授は忙しいようで、数回しか講義されないのですが、 試験に出るところだけは、ちょっぴりオチャメ(こう感じたのは私だけでしょうか?)に、何度も繰り返して講義されるところは、親切です。

人数が多いので出席はとりません。 「・・述べよ」系の問題が3問でした。


★民法 担当 I、M(法学部・経済学部共通)

前半はM講師による売買契約をテーマにした契約法を中心にした講義がなされました。
書き込み式のレジュメは、M講師ならではの工夫のようですね。
「判例」「通説」のイミ・・・「瑕疵」の漢字までも説明してくれるので、テキストで六法科目の勉強を始める前に、受講するのが良いかもしれません。

後半はI教授による家族法。統計を含めて解りやすく説明してくださいます。でも、講義時間が足りませんねえ。もっと聴きたい!

試験内容は、事例問題が複数問で、六法持込可。出席はとりません。


★会社法 担当M

会社法が改正され、出版業界も落ち着いていない状況だったので、講義内容・試験内容は、改正後の基本的な構造に関するものでした。
M教授は、その道では、硬派な立場ですよねえ。私は、M教授のガチっとした見解がわかりやすくて、大好きです。
入院してしまい、最後まで講義が聴けなかったのが残念!一番楽しみにしていたのに。

試験内容は、手書きノート持込可で、3問中1問選択式の述べよ系のものだったそうですが、
2006年度以降は、改正後だいぶ落ち着いていると思うので、六法のみ持込可となり、試験内容も論点を交えた事例モノに変わるのでは?


★刑事政策学 担当A

スライドやビデオを見ながら、配布されたレジュメにそった講義です。
出席は厳格にとられ、出席票の裏にその日の質問なんかを書いて提出することになっています。
試験内容は、定義書きが8問、述べよ系の5問中選択系が2問で、持込可だったそうです。
同じく入院して、最後まで受講ならず。
スポンサーサイト
[ 2009/05/14 10:54 ] スクーリング情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

keiotushin

Author:keiotushin
現在更新はありません。
勉学とは無縁の万年二日酔いOLだった管理人が、慶應通信を最短4年で卒業(2001年10月入学し2005年9月末に卒業)した日までの苦悩と情報を公開していたブログでした。参考まで。

過去問等のプログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。