二日酔い女の慶應義塾大学通信教育課程

AOLブログサービス終了のため、慶應通信部分のみここに移しました。すでに更新は停止していたため、卒業した2005年9月末以降の新しい情報はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初回卒論指導面接の準備、指導教授・・・って??

初めての卒業論文指導って、ちょっとドキドキしますね。
でも、正式な論文指導面接って半年に一回しかない。
ということは、4年で卒業するには、その一年前に卒業予定申告書に担当教授の印鑑を
もらわねばならん。


とにかく、できるだけ初回の卒論指導で、しっかり卒業予定申告書に印鑑もらいましょう!

そうすれば、大学公式の卒業論文指導面接は2回で終わります
(あとは、教授に頼んで、その半年の間に何度か個別指導をもらえばいい
 そうすれば、集中した指導を受けられ、内容も充実♪もっとも教授次第ですが)


恐れることはありません。
一年後に卒業する意欲を見せて「下さい」といえば、あっさりくれます。
(その代わり、半年後にはほぼ完成させないといけないけど)


初回の卒業論文指導調査票にどんなこと書けばいいか?

一応テーマと動機・アプローチの仕方について、って要求されてますが、
私は、アプローチの仕方として、初回から論文構成を書いて出しました。

といっても、一つの条文をとりあげて、「○条のかかえる問題点」ってなかんじで、条文の論点を書きまくって提出しただけですが。

別に、全部修正することが前提であってもかまわないん。教授はそれを見て、その人の実力を判断し、初めて実質的にも指導が可能となるんですから

さらに、一つの条文に関する参考文献を、自分なりにそろえて
その文献一覧表も提出しました(この時点での収集文献数は50ぐらいだった)。
初回だもん。ここまでやれば十分さ。

案の定、教授の方は提出しておいた論文構成をざっと見て、
「この中の、ここと、ここと・・そのうちいずれかを深く掘ってテーマにしてはどうですか」
と、アドバイスしてくれます。

過去に自分でそろえた参考文献も無駄にはならないので、いいかんじ。



指導教員の希望について

ワタシは希望は出さなかった、というか、夏スクなどで熱愛の教授に出会えなかった。
指導教授の決定が卒論作成の運命の分かれ目であることも後で知りました。

友人の話では、わざわざ飛行機と宿泊費を使って、一人10分もなかったとか、
ゼミ形式で、かゆいところに手が届かないで時が過ぎてしまったとか・・
とりわけ、通信課程で有名な教授は、当然、他の教授以上に忙しく、
通信生の扱いも慣れっ子ってところでしょうか?

私の場合、法科大学院の新しい教授が担当してくれることになりました。
どうやら、彼の方も通信生との対面は初めてってかんじ。
でも、そりゃ、もう丁寧に指導してくれて、
こんな親切な指導を受けているのは、きっと通信ではアタシだけだわ・・と
一人勝手にいい気分にさせてくれるような
まさに大当たりーーーーーーってところでした。 お見合いでも大成功ってかんじ。


その日は、最後にしっかり教授のメールアドレスを聞いて、
その数ヶ月後には、自分なりに50%ぐらい完成させて、教授に質問メールを2回した。
そして、別途、教授に直接会いに行って2回ほど非公式な指導をしてもらいました。
きっと、こういうことも、教授によってずいぶん違うんでしょうね。

その成果もあって
2回目の公式な卒論指導前には、ほぼ完成して、それを教授にあらかじめ送っておいて
その2回目の卒論指導時には、必ず提出印をくれるように、お願いしました。

こうやって考えてみると
通信生の卒論指導面接って、生徒からの熱いプロポーズみたいですね。
結婚(卒業)したいから、これにハンコ押してくれえ・・・って

みなさんも、いい出会いがありますように。
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 13:16 ] 通信大学生の卒論作成 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

keiotushin

Author:keiotushin
現在更新はありません。
勉学とは無縁の万年二日酔いOLだった管理人が、慶應通信を最短4年で卒業(2001年10月入学し2005年9月末に卒業)した日までの苦悩と情報を公開していたブログでした。参考まで。

過去問等のプログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。