二日酔い女の慶應義塾大学通信教育課程

AOLブログサービス終了のため、慶應通信部分のみここに移しました。すでに更新は停止していたため、卒業した2005年9月末以降の新しい情報はありません。

テーマの決め方は・・・と言われても、わかんねーよ状態からの脱出

1.@卒業論文(テーマ選択の方法論コーナー) に、
  日々の素材から卒論テーマへの変換課程が載っているのですが、
  これによっても決められない、アタシのような人は
  仕方が無いので、とりあえず、科目から条文へとしぼっていくしかない・・
  (あくまで、書きたいことがない人だけですよん)
  六法中一番好きな科目、そして、その中から一つ条文を選ぶとか。

  自分の書きたいことがはっきりしている人は、科目なんて絞る必要もありません。
  卒業論文指導調査票には「科目」を書く欄も無いし、この調査票に卒論に書きたい
  ことを記入して出せば、大学側が、見合った担当教授を探してくれます。
  た・だ・し、ただし・・・・
  自分では、憲法から研究したい問題が、大学側は経済法の問題だと判断し
(その分類自体が論点であるせいもあって、他では憲法問題となるような場合)、
  経済法の方面から経済法の教授の下で研究するハメになる場合もあるので、
  場合によっては、しっかりと、自分の意思を伝える必要はあります。
  でないと、指導が「ゼミスタイル」になると、かゆいとこに手が届かない。
  
  あ、もちろん、そこまで決めている人は、ここを見る必要もないんでしょうけど(笑)

2.仲間の状況を把握
  慶応通信では三色旗の12月号に、毎年卒業生の書いた卒業論文題目一覧が載って
  います。毎年とっておくと、卒論テーマ決定時期には3年分たまって、通信生がどんな
  卒論を書いていったのか、家にいながらにして見ることができます。
  なお、論文内容を見に、大学まで出かけるメリットは別に無いと思う。 
  それにそんな暇もないでしょ?

3.大学生一般の卒論状況の検索
  ネットで簡単に他大学の卒論題目一覧なんかも検索できるので、みてみるとよいで
  す。
  ゼミ論文一覧なんかも見てると、自分の書きたい分野が絞れてくることもあります。
 例えば、 佐藤ゼミ(近畿大学法学部
 もう閉鎖されているかもしれませんが、ここからトップページに移動してみてね。
  あとは、左にあるリンクの中に、条文ニュースのHPがあるのだけど、そこにゼミリンク集があり、有名どころのゼミ活動を見ることができます。 

4.学説論文の状況
  国会図書館の論文検索で、例えば「民法110条」と入力して検索するだけで
  学術論文を検索することができます。
  国会図書館雑誌記事検索での論文題名一覧
  私は、これで適当に好きな条文をあれこれ思いつくままに入力検索して
  学者さんの論文題名を、日々なんとなく 眺めているうちに、心が決まりました。
  これは、検索のついでに、テーマがしぼれてくるだけでなく、
  自分が作成するときの参考資料の量も確認できるので、おすすめ。

5.あと、素直なパターンとして、「ジュリスト 法律学の争点シリーズ」を見て
  パラパラめくって、どこかに決するのもイケます。当然資料も沢山存在してるし。
  みなさん、争点シリーズにある論点題目は、今更ありきたりすぎるのでは、なんて
  思ってません?
  でも、はじめは同じ論点を卒論にするって思ってても、
  作成中なぜか自然とその中の一部をメチャ深ーーく掘っていく作業になるし、
  それに伴って、題名に副題がついたりなんかしてきます。
  
  また、ある論点の最近の判例基準がファジーになってきているところを非難して
  この古い争点シリーズに書いてある過去の学者さんの主張に戻るべし!なんて
  使い方もありです。私はこれでいきました。
  これは、判例基準がファジーになりすぎている今だからこそ、
  逆に新鮮な論文との評価をうけることも可能なのですう♪
 
  だ・か・ら、争点シリーズでも、まーったく問題ないんです。

っていうか、
卒論テーマも決められないアタシたちだもの、つべこべ言う資格はないのですう。
所詮、学生の卒業論文ってこと、完成しなきゃ卒業できんこと、卒業せにゃ、また金がかかることをお忘れなく。

あ、卒論を持って大学院の試験に行く予定の人は、こんなこと言ってちゃダメですよお

続く
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 13:13 ] 通信大学生の卒論作成 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

keiotushin

Author:keiotushin
現在更新はありません。
勉学とは無縁の万年二日酔いOLだった管理人が、慶應通信を最短4年で卒業(2001年10月入学し2005年9月末に卒業)した日までの苦悩と情報を公開していたブログでした。参考まで。

過去問等のプログ内検索