二日酔い女の慶應義塾大学通信教育課程

AOLブログサービス終了のため、慶應通信部分のみここに移しました。すでに更新は停止していたため、卒業した2005年9月末以降の新しい情報はありません。

法学部F群-2

刑事訴訟法
2005年1月
1.犯罪の多発している地域に防犯のためビデオで関ししていたところ、偶然ひったくり事件を撮影した。これを証拠とできるか。2.被告人の前科を公訴事実の立証に用いることができるか。」

2005年4月
1.「公正な裁判所」を担保する現行法の制度について、2.盗品等無償譲受罪で起訴された被告人が、公判廷で「盗品と知って、ただでもらった」と自白した場合、被害者からの盗難届のみによって、有罪にできるか・
2000.4
1.外国人の訴訟手続における問題点
2.自白の証拠能力
2005年10月
 1.刑事手続きにおける弁護人の役割とは。
 2.弁護人が拒否した捜査官作成の実況見分調書(写真付き)を検察官は証拠として使用できるか(みたいなもの、長文を端折りました)。
以下出題年度不明分
1.自由心証主義の制約原理について 2.任意捜査の限界について例をあげて説明せよ
1.被告人の拘留と容疑者の拘留についの異同について 2.証拠の開示について
1.必要的弁護訴訟において,弁護人の立会いのない審理は違法か 2.被告人の悪性格の立証について
・・
1.任意捜査と強制捜査の区別について 2.証拠の関連性について 1995年6月
1.覚せい剤私用の疑いのある人(在宅被疑者)の強行採決(尿)の連行は可能か 2.証言を拒絶(拒否)したものに対して,検察官面前(検面)調書を証拠にすることは可能か 1995年11月
1.当番弁護士制度について述べよ 2.DNA鑑定は証拠となりうるか 1996年3月
1.被疑者の取り調べにおける黙秘権について 2.起訴便宜主義について 1996年11月
1.捜査における国際協力について 2.違法収集証拠の証拠排除の定義(?) 2001年1月
"1.任意捜査と強制捜査の区別について 
2.自白の補強証拠を必要とする範囲について形式説と実質説の違いを例をあげて述べよ" 2001年4月
1.訴因変更の要否2.犯行再現ビデオの証拠能力 2001年7月
1.弁護人依頼権 2.被害者が作成した示談書を裁判所で捜査しうるか(?) 2001年1月
1.職務質問の際行使し得る有形力の範囲 2.共犯者の供述が被告人の自白の補強証拠となり得るか 2001年4月
1.おとり捜査とはどのようなものか。またその適法性について2.過失犯で注意義務の前提となる具体的事実の??? 2001年7月
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 10:59 ] 科目試験過去問(法学部) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

keiotushin

Author:keiotushin
現在更新はありません。
勉学とは無縁の万年二日酔いOLだった管理人が、慶應通信を最短4年で卒業(2001年10月入学し2005年9月末に卒業)した日までの苦悩と情報を公開していたブログでした。参考まで。

過去問等のプログ内検索